ABC予想に関する驚き方に対して、私は驚きを隠せない

news.livedoor.com

今日、ネットを開くと何やら「数学の超難問・ABC予想京都大学の教授が証明した」というニュースを拝見した。数学の知識など遠い昔に置いて来てしまったので、これがすごいかどうか、正直なところ分からないのでコメントし難い。しかし、記事的には十分に賞賛に値するのだろうと読み取れる。しかし、3点ほど腑に落ちない点がある。

まず、一つめに自分の教養のなさである。悲しいかな、このニュースに対して大きな喜びを持てない。まず、ABC予想が何が何だか分からない。「数学の超難問という情報」と「整数の性質の研究」と「整数aと整数bの和がcのときに成立する特別な関係を示す」。これらからこの研究に対する、「背景」「従来の問題点」「筆者の着眼点」「筆者の手法」「今後の展開」が全くと言っていいほど理解できていないが故である。

ただ本来、「研究の内容」は①その分野に対して知識のある人が、②元の論文を読み込み、③足りない部分を他の論文を読んで、ようやく一部理解できる。それを❶その分野の知識のない人が、❷元の論文を読まず、❸足りない部分すら分からないまま、理解できるだろうか。答えはノーである。全て理解できないのは重々承知だが、今のままの知識では素直に喜べない。メディアさん、もう少し丁寧に説明してはくれないだろうか。

normahead.seesaa.net

normahead.seesaa.net

二つめに、どうしてこのニュースそこまでバズっているのか。言い換えると、他の研究はどうしてバズっていないのだろうか、という点である。研究は数学だけに限らない、物理、化学、生物、歴史、地理、言語、スポーツ(高校の教科を並べただけだが)に関する研究は絶えず行われている。強いて言えば、Nature, Cell, Science誌に代表される学術誌も随時、更新され続けている。なのになぜ、この研究のみ、これほどフューチャーされるのか。

その理由は簡単であろう、メディアはバズりそうな記事を書く必要がある。バズるためにはある程度、読み手が理解しなければいけない。すなわち、書き手のレベルを読み手に合わせる必要がある。特に研究に関する記事は注意しなければならず、内容を抜きで相手に伝える必要がある。そして付け加えるならば、内容以外でその研究の偉大さを伝えなければならない。そうすれば内容を理解できない我々でも、その「凄さ」だけは理解できる。でもそれでいいのか?

最後の点として、どうしてみんなそんなに驚けるのだろうか。ABC予想を理解せずに「凄い」という人は、何に対して「凄い」と思っているのか。ベイカー茉秋がオリンピック金メダルを獲った、体操は個人も総合も日本が世界一、これらは分かりやすい。世界一を獲ったのだから。世界一というのはどんな競技でも「凄い」のである。しかし研究は、「研究背景」「問題点」「解決方法」「展望」があって初めて「凄さ」が成り立つ。なのにどうして、私たちは驚いているのか。理解というプロセスを抜きにして。

f:id:diradical:20171216090936p:plain

仕事が始まる前に何とか書きあがった。あとで解説サイトを読み込もう。乗るしかない、このビックウェーブに。