Flight Facilities「Crave you feat. Giselle」- なんで私のことを見てくれないの?

Flight Facilities「Crave you feat. Giselle」

www.youtube.com

 

Flight Facilities 2009年にオーストラリア・シドニーにて音楽プロデューサーのヒューゴとジェームズで結成したエレクトロニック・デュオ。
10年に発表したシングル「Crave You feat. Giselle」が瞬く間に大ヒット、オーストラリアのNo.1ラジオ番組Triple Jにおいて3週連続リクエスト曲1位に選ばれ、ミュージックビデオはYouTubeで1400万回再生され注目を集めた。11年に<Future Classic>からヒット・シングルを立て続けに発表

http://hostess.co.jp/flightfacilities/より引用

 

静かなピアノのトーンから入るこの一曲、 Flight Facilities「Crave you feat. Giselle」。オーストラリア出身のGiselle Rosselliの澄み通った歌声から放たれる一言目は

Why can't you want me like the other boys do?

「なんで君は他の男子みたいに私のことを欲しがらないの? 」なんて可愛らしい。PVが始まって15秒くらいの出来事ですが、色々感じ取れるものがあります。

They stare at me while I stare at you
Why can't I keep you safe as my own?

 「みんなが私を見ている間、私は君を見つめているのに」「なんで君は私の手元に置いとけないの?」なんて尊いこんなこと人気のある女の子に言われたいもんですね。少女漫画かな、ドラマを連想させるこの歌詞ですがPVも良いのです。音楽と綺麗にマッチするPVを作れるアーティストは僕は好きですよ。パッと思いつくところで言うと、サカナクションとかdaft punkとか。

この曲の場合は、この曲の主人公(ヒロイン)に当たる女の子と、主人公のことを見ない男の子が出てきます。女の子は家で服を着替えたりアイス舐めたり、その一方で男の子は森の中でアウトドアを楽しんでます。その女の子の物思いに耽る仕草と退避して、男の子の俺アウトドア楽しんでるぜ!感が、歌詞の意味を深くしてます。それにしてもフォトジェニックな2人だ、インスタ映え待った無し。

It's true I crave you

訳し方は色々ありそうなこのサビの歌詞。「本当に恋しい」「まじで会いたくて震える」恋い焦がれて、渇望してる状況なのですが、男の子は本当に自分の世界でしか物を見てないから、私のことを見てくれない。見てくれるだけでいいのに。見てくれたら、何か変わるのに、って言う曲です。

 

 

Crave You (feat. Giselle)

Crave You (feat. Giselle)

 

 

 

Crave You (feat. Giselle)

Crave You (feat. Giselle)

  • Flight Facilities
  • エレクトロニック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes